わたなべまさし  ブータン 徒然日記

青年海外協力隊として、ブータンで活動しています!! 日々の活動やブータンでの暮らしを発信しています。

約束どおり、キング と クイーン にあえるの??

time 2016/08/10

※ インターネットの環境が整い次第、写真はアップしてゆきます。
8月10日 水曜日
いったい、イベントはいつどうやって決まるんだろうか。
もともと決まっていたのかはよくわかりませんが、今日のイベントでどうやらキングとクイーンとプリンスにあえるらしい。
どんなイベントなのか、想像もつきません。
まだ疲れの抜けない身体。
「ピンポーン」
今日はチャイムが鳴る。ヤバい、今日こそ寝坊したか。
時計をみると、まだ6:40である。
ドアを開けると、学生2人が立っていて、ゴの着つけをしてくれるという。
校長先生が手配したらしい。
言われるがまま、彼らを中に入れ、ボサボサの頭のまま着付けてもらう。
その後、彼らはすぐに戻ったが、家を出る頃に再び迎えにきてくれた。
バスで移動するらしい。
会場まではバスで20分くらいのところ。
どうやら、基本的には村民全員集まっているとのことで、うちの職業訓練校の学生のほか、他の学校の生徒たちもいます。
老若男女集まり、ざっと2000人くらいいる感じです。
8時過ぎに会場に到着しましたが、1時間待てど2時間待てど、いっこうにイベントが始まる気配がありません。
朝晩は寒いのに、日中の日差しは、痛いほど強い。
まだ何日も経ってないのに、日焼けで顔が赤くなってしまってます。
炎天下の中、待つこと3時間半、お茶と黄色いライスが配られました。
それから、30~40分程して、キング、クイーンの車が到着しましたが、会場にはなかなかやってきません。
イベントが始まりました。
有名な歌手さんが歌ったり、漫才コンビらしき人が司会進行をしています。
ところどころ、会場にいる人たちは笑っていますが、現地語なので理解できません。
その後1時間くらい経ったところで、今度は昼食が配られはじめました。
器とスプーンはどうやら自分で持ってこないといけないらしく、同僚がお皿を貸してくれましたが、スプーンがありません。
さっきの黄色いライスはかろうじて食べれたけど、昼食のこのカレーのようなものは、どうにもこうにも手じゃ食べられないでしょ、熱いし。
ブータン人も当たり前のように手で食べてる人もいれば、スプーンを使ってる人もいます。特に子ども達はスプーンを使っている率が高いです。
自分は仕方ないので、先ほど配られた紙パックのジュースをちぎってスプーン替わりにして食べることにしました。
食べずらいなぁ。。。
そうこうしている間に先に食事が配られて食べ終わった中学生くらいの女の子がやってきて、「よかったらどうぞ」 とスプーンを貸してくれました。
なんて優しいんだヽ(^。^)ノ
無事に昼食を食べる終えて、お礼に何かをあげたかったけど、カバンとか何も持って来なかったし。仕方なく、封の空いている日本製の貴重なポケットティッシュをあげたら、すぐに遣っていました(笑)
ちなみに、ブータンではティッシュを使う文化があまりないようです。
トイレには紙ないし、鼻をかむときは、ハンカチか片方の鼻の穴を指で塞ぎ、地面に吹き飛ばす。それを器用にやってのけています(^_^;)
ところで、食事が振る舞われている最中、キングとクイーン、プリンスは会場入りしました。
3時間程会場に滞在して、みなと一緒に、歌や踊りのイベントをみて楽しんでいました。
そして2回、会場をぐるりとプリンスを抱きながらまわってくれたので、5~6メートル近くまで来てくれました。
なんだか、それだけで嬉しくて幸せな気分に浸れました。
なんだろう、この感覚。不思議だなあ。
キングが最後にマイクを使ってお話しをしてくださいましたが、ゾンカなので理解出来ず(^-^;)
※キングとクイーンの会場での様子は写真を撮ることが禁じられています。
フェイスブックでシェアしていますので、会場の様子はそちらをご参照ください。
キングらが会場を後にされてすぐ予定されていたプログラムが終わったらしく、早々に解散となりました。
帰り途中、うちの学校のチームは参加しないが、サッカーをみて帰るぞ!! というのでみて帰りました。
娯楽がないので、自分の応援するチームじゃなくても試合があればみるっぽいです。

プロフィール

わたなべ まさし

わたなべ まさし

わたなべまさし 本名 渡邊雅信 2016年7月5日より、青年海外協力隊員としてブータンで活動中。 1977年生まれ  会社経営 たまに役者 [詳細]

2018年12月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31